機能・特性|発泡スチロールの加工 - 松原産業株式会社

松原産業が選ばれる理由 発泡スチロールについて サービスの流れ 実績・事例 Q&A 会社概要
HOME > 発泡スチロールについて > 機能・特性

機能・特性

機能・特性

皆様も発泡スチロール(EPS)を何度か目にしたことがあるでしょう。発泡スチロールって様々な分野で使われていますからね!よく目にするものとしては市場などで新鮮な魚を入れていたり、【インスタントラーメンカップ】いわいるカップラーメンの容器であったり、電化製品など精密機械の緩衝材などでしょう。 様々な用途で使われているのにはワケがあるのです。それは発泡スチロールの他にはない機能と特性があるからなのです。ここではその驚くべき機能と特性をご紹介いたしましょう。

EPSマメ知識:『ポリスチレンの代わりにスチロールと呼ぶ場合があります、そして発泡ポリスチレンも発泡スチロールと呼ばれることがあります。
これは原料(スチレン)に対するドイツ語の呼び方(styrol)から来たものであり、日本の化学用語ではポリスチレンが正式の名前だそうです。だからと言って発泡スチロールという慣れ親しんだ呼び方を変えようとは思いませんけどね(笑)』

断熱性

EPSは熱を「入れず、逃がさず、遮断します」

冷たいものは冷たく!
熱いものは熱く!
長時間保冷・保温!
外からくる熱も、内から出る熱もシャットアウト!

発泡スチロール(EPS)は非常に高い断熱性能を持っております。 近年では家などの断熱材として注目を集めており、EPS の断熱材に切り替える業者様も増加傾向にあります。 当社においてもパイナルフォームというEPS断熱材を扱っており、売り上げも順調に上昇中です♪

密度と倍率の関係

EPSは密度(倍率)によってまったく別の物の様に変化します

5~80倍まで倍率設定が行えます。(詳しくは製造工程をご参照ください)

  • 倍率が低ければ低いほど硬く、重くなります。
  • 倍率が高ければ高いほど軟らかく、軽くなります。

発泡スチロール(EPS)はビーズ状の原料を発泡させたモノの集合体だと思ってください。緩衝性能・断熱性能なども大きく変化します。 このように倍率を変えることで様々な用途に使われる発泡スチロールが生み出されるのです。

倍率が変わるとどう変わる?

倍率とは【原料ビーズ】をどれくらいの大きさに発泡させたかということです。

bairutsu.jpg

発泡させた大きさによる違いを図で表現しますと、この様な感じです。

happou.gif

中身が多ければ多いほど固くて強い!

そしてギッシリと入っていて密度が高ければ、その分隙間が少なく【断熱効果】も高くなるのです。

加工性

EPSは優れた加工性能を秘めております

様々な加工技術を用いて「あなたのイマジネーション形にします☆」

3zigen.jpg

この写真なんだと思います?実はこれ発泡スチロールなんですよ?

 

緩衝性

EPSはやさしく商品を包み守ります

やさしく製品を包み込みあらゆる衝撃から守ります EPSは湿気から製品を守ります EPSはその他緩衝材よりも低コストです 皆様もよく存じておられますように、テレビやビデオデッキを買ってダンボールから出す時 発泡スチロールがガッチリとガードしています。邪魔だな?出しにくいなぁ?と思ったこと もあったでしょう・・・それでもEPSは商品を守るためには欠かせないのです。

環境性

実は発泡スチロールって環境に優しい素材なんですよ?

単独で燃やしてもダイオキシンは発生しません!(Q&A:燃やすと出る黒い煙は何?

松原産業のEPSは「今も、昔も、これからも!」ノンフロンです 発泡スチロールのリサイクル率は70%を超えています! 発泡スチロールは他の素材と比べると少ない資源で作られています(環境に優しい発泡スチロール

発泡スチロールって

  • 「燃やすと黒い煙が出る」
  • 「フロンガス使ってるんだろ?」
  • 「ちゃんとリサイクルされているの?」

などの質問をよく受けます・・・ 発泡スチロールは環境に悪いというイメージがあるようですが、そんなことはありません!!

実は環境に優しい再資源化の進んだ優秀な素材なんです! 発泡スチロールのリサイクルに関しての詳しい情報はJEPSRA(ジェプスラ)ホームページをご覧ください


お気軽にお問合わせください

※お電話ではお見積りの回答が行えません。
予めご了承お願いいたします。

無料メールマガジン
社長ブログ
スタッフ紹介
スタッフブログ
業界お役立ちリンク
ISO 9001について
商品ジャンルから探す 業界から探す 加工種別から探す 注文数から探す