環境に優しい|発泡スチロールの加工 - 松原産業株式会社

松原産業が選ばれる理由 発泡スチロールについて サービスの流れ 実績・事例 Q&A 会社概要
HOME > 発泡スチロールについて > 環境に優しい

環境に優しい

実は発泡スチロールは環境に非常に優しい素材なんです!

『発泡スチロールは省資源性に優れています。』

  1. 発泡スチロールは石油と空気でできています。

    実は発泡スチロールを作るのに必要なモノは石油だけなのです!
    石油の使い道として全体の85%は燃料用に使用されます。
    プラスチック製品は全体の6%で、その6%のうち発泡スチロールは0.6%となっております。

  2. 発泡スチロールを構成しているのは98%が空気で石油は2%だけです!
    発泡スチロールの98%は空気でできているから石油の使用量はプラスチックなどと比べてみても非常に省資源の素材なのです。(JEPSRA参照)

発泡スチロールは木材資源節約にも役立ってます!

環境を考えて発泡スチロールトレーなどを紙容器に!と一部で言われています。ですがそれは逆効果でしかありません。もし実行すると「紙容器一年分のために、京都府と滋賀県の国有林に相当する木材が必要」と言われており、発泡スチロールがないとそれだけの森林が毎年なくなっていくということです。ですから紙容器を発泡スチロールトレーに替えた方が環境のためとなるのです。

3. 少ないエネルギーでリサイクルが可能です
発泡スチロールは単一素材でできているためリサイクルが容易です。

3種類のリサイクル

マテリアルリサイクル

プラスチックの原料として再資源化し、プラスチック製品などに再利用します

ケミカルリサイクル

熱や圧力を加え、ガスや油として再資源化し、燃料等に再利用します。

サーマルリサイクル

燃焼させることで、高い熱エネルギーを発生させ発電などに再利用します。
松原産業では回収した発泡スチロールをインゴットにしてマテリアルリサイクルを行っております。

その他

パイナルフォーム

断熱材を使う家ではエネルギー削減ができるためCO2発生抑制効果があります。
断熱材を使用すれば、夏は涼しく・冬は暖かく長時間持続できるため、
冷暖房などの使用時間が少なくて済む省エネ対策となります。
それにより電気代も節約できるうえ、地球環境を守ることにも繋がります。

発泡スチロールの人体の影響は?

寝ても、食べても、座っても、発泡スチロールは人畜無害
発泡スチロールは食べてしまったとしても問題はありません。
発泡スチロールの成分は人体で消化・分解が可能であり、
環境ホルモン等の有害な物質は一切含まれておりません。


お気軽にお問合わせください

※お電話ではお見積りの回答が行えません。
予めご了承お願いいたします。

無料メールマガジン
社長ブログ
スタッフ紹介
スタッフブログ
業界お役立ちリンク
ISO 9001について
商品ジャンルから探す 業界から探す 加工種別から探す 注文数から探す