メルマガバックナンバーBack number

第4号

【 松原産業メールマガジン 】2009年1月22日

—————————————————
日々進化する世の中、発泡スチロールも進化しております
  その新たな可能性を皆様へ!

知ってるようで知らない
  発泡スチロールの全てを伝えたい
   松原産業株式会社 
   ↓ ↓ ↓ ↓ 
https://www.matsubara-sangyo.jp/
—————————————————

――――――――――――――――――――――――――――――――

本メールは過去に当社社員とコンタクトをさせて頂いた、
または当社HPよりメルマガ配信登録を頂いた皆様に
配信させていただいております。

今後、メールの配信が不要な方は恐縮ですが、
下記アドレスのページより、解除手続きをお願い致します。
⇒ https://www.matsubara-sangyo.jp/mag.php

――――――――――――――――――――――――――――――――

 お世話になっております!
松原産業の辻岡でございます!

■ 今年2回目のメールマガジンですが、
新システム移行に伴いまして、
号外にてお知らせをさせていただきます。

平成21年号外
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
(1) 新システム移行のお知らせ
(2) 発泡スチロール豆知識

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    .。.:*・゚☆電話番号が変わりました☆.。.:*・゚

 もうお気づきの方もいるかと存じますが、
電話番号が変わりました。

◎ 新システム移行により、web専用回線が出来ましたので、
今後は下記番号の方へお問合わせお願い申し上げます。

TEL 0778-23-2353
受付時間:月?金(祝除く)9:00?18:00
担当:辻岡(つじおか)

☆★☆★☆★☆??発泡スチロール豆知識??★☆★☆★☆★☆★

発泡スチロールの倍率って?

 発泡スチロールの硬さを倍率で呼ぶ時があります。
そもそも倍率で何が変わるの?とお思いの方もおいででしょう。

スチロールの倍率は硬さや重さに影響してきます。

・倍率が低ければ低いほど硬く、重たくなります。

・倍率が高ければ高いほど軟らかく、軽くなります。

 重さだけでなく発泡倍率は緩衝性能や断熱性能などにも関わってきます。
同じ発泡スチロールでも用途に合わせて倍率などを調整することで、
また違った素材としての顔も見せてくれます。

 お問合わせいただきました商品にどの倍率の物が向いているか?
私どもは長年の経験とデータから選定しております。
まだまだ奥が深い発泡スチロール・・・。

私たちは日々研究を重ねております。
************************************************************
発泡スチロールの加工に関することなら何でもご相談下さい!
無料見積り、無料サンプル帳でイメージを、アイデアを形に!
⇒ https://www.matsubara-sangyo.jp/contact/
************************************************************

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松原産業がお送りしますメールマガジン、
発泡スチロールの特性や加工など、
専門的な知識を盛り込んで価値ある情報をお届け出来ますよう、
心を込めて発信させていただいております。
最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

次回の配信は2月中旬を予定しております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇

本メールは過去に当社社員とコンタクトをさせて頂いた、
または当社HPよりメルマガ配信登録を頂いた皆様に
配信させていただいております。

今後、メールの配信が不要な方は恐縮ですが、
下記アドレスのページより、解除手続きをお願い致します。
⇒ https://www.matsubara-sangyo.jp/mag.php
なお、停止処理に数日掛かることがございますので、
その間の配信については御了承いただくようお願い申しあげます。

**************************************************
地球の緑と環境を守る
  松原産業株式会社  
    Web担当 辻岡直貴(つじおかなおき)

〒915-0052 福井県越前市矢放町4?7
TEL:0778-23-2353
FAX:0778-24-4790
E-mail: n-tuzioka@matsubara-sangyo.jp

発泡スチロールの加工なら
  https://www.matsubara-sangyo.jp/
**************************************************