会社案内Company

社長方針

代表挨拶

私たちは「お客様が繁栄するために」という視点でものづくりを行い、付随したサービスを継続的に提供します。
そのために、私たちはお客様とのコミュニケーションと社内外のコミュニケーションを大切にします。

そしてお客様の要望をお客様よりも早くつかみ、スピードあふれる、世界最高品質の対応で、お客様の要望に最大限応えられるように全社をあげて取り組みます。

変化を自ら起こしていく文化を創り、協調融和の精神で仕事をこなしていきます。
結果として全従業員と松原産業にかかわるすべての方々が誇りを持って仕事ができる職場を目指します。
私たちはいつもお客様のお役に立ちたいと考えています。

経営基本理念

我々は、森羅万象の恵みにより、今日ある事を自覚し、社会に対する報恩を旨とし、日常業務にたずさわる事とする。

1.顧客の信頼にこたえ、満足していただく仕事をする。
2.会社の利益を確保し、今後の発展と福祉向上に寄与する。
3.協調融和・相互信頼による総合力を発揮する。
4.常に発展を願い、合理化を図り、効率的経営を行う。
5.質実剛健を旨とし、勤倹力行する。

行動理念

1.礼節を尊び
2.信義を重んじ
3.智を愛し
4.勇気をもって事に当たる

行動指針

1.顧客第一

顧客第一とは、会社の都合によって仕事をすることではない。
顧客に満足の行く仕事をすることである。
まして個人の都合で仕事をしてはならない。

2.すべての豊かさは会社の利益より始まる

社員は全て、会社の発展を願い、利益の向上に邁進しなくては ならない。
そこからすべての豊かさが生まれる。
貢献なくして、自己の利益のみを考えてはならない。

3.協調融和・相互信頼

協調融和とは、仲の良い事、争いのないことではない。
目標に向って全員が一生懸命になることであり、その成果をよろこび 合うことである。

4.合理的・効率的経営

合理的・効率的仕事は、常に改革をおそれず、新しいことに 挑戦するチャレンジ精神をもつことから生まれる。

5.質実剛健・勤倹力行

質実剛健とは、吝嗇な事ではない。
あらゆるものを、有効に 活用することである。
勤倹力行とは、単にまじめであることや、時間をかけて仕事をする事ではない。
成果のあがるまで、やりとげる事である。

沿革

1875

  • ・明治8年創業 福井県武生市蓬莱町にて、染料薬品の販売を目的として、松原染料店を開設

  • ・昭和17年 福井県武生市京町に移転

  • ・昭和19年11月 松原染料店代表上田清戦死の為、上田きくゑが事業継承

  • ・昭和37年4月 上田安範 事業継承

  • ・昭和43年6月 株式会社白山工芸を設立。資本金100万円 木工品の販売開始

  • ・昭和44年5月 株式会社白山工芸を資本金400万円に増資
    ・昭和44年7月 武生市村国町に八王子倉庫を建設
    ・昭和44年10月 株式会社白山工芸を松原産業株式会社に改称。同時に松原染料店の事業を吸収継承する

  • ・昭和45年6月 成型工場を建設。北日野工場(矢放町)とする
    ・昭和45年7月 松原産業株式会社の資本金を1,500万円に増資
    ・昭和45年12月 本社社屋を武生市村国町八王子に建設

  • ・昭和48年3月 北日野工場増設中、溶接の火花により火災発生。C棟及びB棟の一部を焼失

  • ・昭和49年2月 大阪事務所を設立

  • ・昭和52年11月 松和工業株式会社を設立。健康機器の生産を開始 (代表取締役 上田安範)

  • ・昭和53年4月 本社を村国町八王子より矢放町に移転。北日野工場を本社工場に呼称変更
    ・昭和53年10月 本社工場にD棟倉庫建設

  • ・昭和54年6月 予備発泡棟を建設。送粒装置を全自動化(全国3番目 王子保工場を購入(健康機器の生産)

  • ・昭和55年7月 松原株式会社(京阪化成株式会社)を引き継ぐ

  • ・昭和57年3月 松和工業株式会社の健康機器部門を撤退
    ・昭和57年4月 省エネルギー成型機3機導入 C棟西側に魚箱ラインを完成
    ・昭和57年5月 本社合理化工事完了。全ステージ方式となる
    ・昭和57年10月 和田山工場においてパイナル130 4機導入

  • ・昭和59年5月 本社社屋、F棟を新築落成。熟成サイロをF棟に移動
    ・昭和59年6月 スチロールカット部門を王子保工場より本社工場に移転
    ・昭和59年11月 本社工場A棟より出火

  • ・昭和60年3月 A棟完成
    ・昭和60年5月 省エネルギー工場完成(B棟魚箱専用工場とする)
    ・昭和60年7月 カラービーズ専用ライン及びクリーニングラインを設置
    ・昭和60年9月 本社にてオフコンの入れ替え、生産、輸送の管理強化

  • ・昭和61年1月 本社工場に5tボイラー設置

  • ・昭和62年12月 川端倉庫(第二工場)500m²完成

  • ・昭和63年4月 B棟ステージ方式完成
    ・昭和63年5月 テーブルリフター7機導入。仕上げの合理化

  • ・平成元年2月 シルク印刷機の導入
    ・平成元年3月 EOS用ブロック機の導入
    ・平成元年5月 VS-2000 2機導入
    ・平成元年6月 西倉庫完成(1,000m²)
    ・平成元年7月 ラベックス導入
    ・平成元年12月 集中バキューム方式導入

  • ・平成2年3月 第1回電気設備合理化完了

  • ・平成3年5月 図面室、食堂完成

  • ・平成4年10月 ウエダ(株)設立 資本金1,000万円
    ・平成4年11月 リューピー君(県警シンボルマスコット)完成。武生警察署寄贈
    ・平成4年12月 小野谷倉庫完成

  • ・平成6年8月 但馬倉庫設置
    ・平成6年9月 高浜倉庫設置
    ・平成6年12月 第二工場をカット専用工場へ

  • ・平成8年5月 米ノ倉庫設置
    ・平成8年10月 CAD(図面)導入

  • ・平成9年1月 NCカット機(コンピューター自動カット機)導入

  • ・平成10年4月 ウエダ株式会社と松和工業株式会社を合併
    ・平成10年8月 自動線張機付ブロックカット機導入

  • ・平成12年8月 合理化工事 完成 B棟成型機VS-500ライン. キャノピーライン等

  • ・平成13年4月 上田安範社長、会長に就任。上田昌範常務、社長に就任

  • ・平成14年4月 事業繁栄計画書の作成

  • ・平成15年11月 ISO9001認証取得

  • ・平成17年4月 産業廃棄物処分業許可

  • ・平成18年4月 松原株式会社を吸収合併
    ・平成18年10月 「ESP断熱建材 パイナルフォ-ム」ホームペ-ジ開設

  • ・平成19年5月 自動取出機1台・VS1300L2・VS1300L3 計3台導入

  • ・平成28年9月 コーポレートサイトをリニューアル

2017