発泡スチロールEPS

発泡スチロール(EPS)

一般的に発泡スチロールと呼ばれているもので、製法や用途の違いにより3種類(EPS、PSP、XPS)に分類されます。
一般に発泡スチロールと言えば、ビーズ法発泡スチロールを指します。原料であるビーズを発泡させ、様々な形に成型し、幅広い分野で使われています。表面に発泡ビーズの模様があるのが特徴です。

成形品の特性比較

製品名 耐熱性 曲げ強度 加工性 VOC 耐薬品性 燃焼性
スチロダイア × ◯(自消性)
クリアボール
ヒートボールGR ◯(自消性)
エレンボールNEO

※製品名は株式会社JSP製

スチロダイア

特徴

食品包装材・緩衝包装材・建築用断熱材・土木資材などの製品に幅広く使用されているビーズ法の発泡性ポリスチレンビーズ(EPS)です。

【省資源で環境に優しい】
成形品体積の~98%は空気です。オゾン層に影響を与えるフロン類は一切使用しておりません。

【断熱性に優れています】
無数の独立気泡からなるため、断熱性に優れ、吸水性が低く、食品の保冷箱や住宅などの断熱材に適します。

【緩衝性に優れています】
衝撃吸収性に優れ、各種包装材に適しています。

【加工・施工が容易です】
バンドスライサー・熱線カッター・NC加工機等で切削加工ができます。軽いため取扱いが容易です。

【リサイクルも可能です】
使用済みの成形品は様々な再正品の原料や、熱エネルギーとして再利用されています。

データシート

発泡スチロール(EPS)データシート

クリアポール

特徴

ポリメチルメタクリレートの優れた熱分解性とポリスチレンの優れた発泡・成形性、剛性を兼ね備えた特性を持ち、消失模型鋳造法(ロストフォームキャスティング)に適しています。

データシート

発泡スチロール(EPS)データシート

ヒートポールGR

特徴

耐熱性や耐油性に優れた発泡性ポリアクリロ二トリル/スチレン系ビーズです。

データシート

発泡スチロール(EPS)データシート

エレンポールNEO

特徴

発泡性ポリエチレン/ポリスチレン複合ビーズです。
発泡性ポリスチレン、発泡性ハイインパクト系ポリスチレンより柔らかく、非常に粘り強い物性を持っており、衝撃吸収材や重量物等の緩衝材に適しています。また、発泡性ポリスチレンと比較して、耐油性に優れています。

データシート

発泡スチロール(EPS)データシート