メルマガバックナンバーBack number

第60号

平成 25年 3月 7日【 松原産業メールマガジン -第60号- 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 目 次 】

(1) 最近、お客様からこんなご質問をいただきました
  『発泡スチロール燃やすとダイオキシンが発生するんでしょ?』

(2) こんなご提案はいかがですか?

(3) 編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Author 辻岡直貴

【1】最近、お客様からこんなご質問をいただきました
   『発泡スチロール燃やすとダイオキシンが発生するんでしょ?』

 まず答えから『発生しません!』

■当社サイトのQ&Aにも掲載しています。
⇒ https://www.matsubara-sangyo.jp/qa/qa-4.php

 発泡スチロールが劣化したり、燃やしたりすると
ダイオキシンが発生すると思われている方が依然としておられ、
年に数回ほどお電話などでご質問をいただきます。

◎”ダイオキシン”は炭素、水素、塩素から成る物質です。

 発泡スチロールは炭素、水素のみから成るので、
単独で燃やせば理論的にダイオキシンは発生しません。
完全燃焼した場合、炭酸ガス(CO2)と水(H20)になります。

 当社も加盟している発泡スチロール協会のサイトに詳しい解説があります。
⇒ http://www.jepsa.jp/dioxin/dioxin.html

 なお、環境汚染の一因として疑われた過去もあるのですが、
関連各所の調査により正式に冤罪であるという結果が示されました。

 この様な過去の風評被害や印象などによって
発泡スチロールは環境・体に悪いと思われてしまっており
間違った知識が広まってしまっています。

 そんな現状に対して、私たちは製造・加工・販売をすることだけでなく、
正しい知識を皆様にお伝えするということも使命だと考えています。

 発泡スチロールを使っていますが(興味がありますが)
実はこういう印象を持っていて
こんな疑問を持っていて・・・ためらっています。

 そんな時はお気軽にご相談ください!
安心して発泡スチロールをお使いいただけるように
誠心誠意ご質問にお応えさせて頂きます!

⇒ n-tsujioka@matsubara-sangyo.jp
どうぞよろしくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Author 石本真士

 【2】こんなご提案はいかがですか?

 今回の商品は、あらゆる衝撃から商品や人体を保護します。
水や音を通さず、気密性に富んだ緩衝材のポリエチレンフォームの
サンペルカをご紹介いたします。

 特性は高弾力・高反発性・高グリップ性など、
緩衝材として高機能なポリエチレン樹脂を基材とした独立気泡体です。

 気泡は極めて細かく、発泡スチロールも独立気泡ですが
比べ物になりません。(成型方法が違いますが)

 感触も柔軟性のあるソフト肌触りで、スポーツ用品にも
使用されています。他にも、建築・日用雑貨・梱包材など
幅広く、多目的に使用頂けます。

 発泡スチロールが強みとする硬さの逆を求められた時、
ポリエチレン素材をご提案させていただいております。
伸縮性、軽量、耐久性、耐水性、浮力性があり、
同じ独立気泡としての断熱効果も期待が持てます。

 ご希望のサイズにカット・抜き加工も可能のため、
『こんな風にも使えるかな?』
そんなご意見、お問い合わせもお待ちしております。

 ※お見積りが必要な場合は、サイズ(寸法)・数量などをご連絡ください。 
************************************************************
無料見積り、無料サンプル帳でイメージを、アイデアを形に!
⇒ https://www.matsubara-sangyo.jp/contact/
************************************************************ 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Author 辻岡直貴

【3】編集後記

 環境問題が叫ばれ続け、最近ではPM2.5が騒動になっていますね。

 『そもそもPM2.5って何?』

 大気中に浮遊する微粒子のうち、粒子径が概ね2.5μm以下のもの。
日本語に訳すと「微小粒子状物質」というらしい。

 主に何が発生原因かってディーゼル排気微粒子とされているわけで
はっきり言えば”ディーゼル車”の排気ガスとなる。

 中国から風にのってくるだけでなく、国内においてもトラックなど
ディーゼル車の通りが多い道路などで発生しているわけですね。

 なお、「田舎は空気がうまい」なんてよく聴きますよね?
これは車が少なく、緑が多いというのが大きな要因と言われてます。

 私たちの住んでいる場所はと問われるならば・・・
空気は澄んでいるほうだと思われます。

 まぁ、田舎ですからね(-_-;)家の前の道路は夜9時をすぎれば
ほとんど車も通らなくなり、人も出歩かない見事な眠る町です。

 星がキレイに見えて、川にはホタルもいます。
う?ん自然が生きていますね。

 そんな自然を守っていくのは今を生きる私たちの使命ですね。
当社にお越しの時は、田舎の空気、味わってください(^^)
それではまた次回に?( ^^)ノシ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松原産業がお送りしますメールマガジン、
最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

—————————————————
知ってるようで知らない
  発泡スチロールの全てを伝えたい 
   松原産業株式会社 
   ↓ ↓ ↓ ↓ 
https://www.matsubara-sangyo.jp/
—————————————————

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇

本メールは過去に当社社員とコンタクトをさせて頂いた、
または当社HPよりメルマガ配信登録を頂いた皆様に
配信させていただいております。

今後、メールの配信が不要な方は恐縮ですが、
下記アドレスのページより、解除手続きをお願い致します。

⇒ https://www.matsubara-sangyo.jp/mag.php

なお、停止処理に数日掛かることがございますので、
その間の配信については御了承いただくようお願い申しあげます。

**************************************************
地球の緑と環境を守る
  松原産業株式会社  
   Web担当 辻岡直貴(つじおかなおき)

〒915-0052 福井県越前市矢放町4?7
TEL:0778-23-2353
FAX:0778-24-4790
E-mail: n-tsujioka@matsubara-sangyo.jp

発泡スチロールの加工なら
  https://www.matsubara-sangyo.jp/
**************************************************