よくあるご質問FAQ

発泡スチロールは消毒されているの?

発泡スチロールは製造工程において自然と消毒された状態になっています。

 

消毒方法として煮沸という手法があります。
対象物を熱湯(100℃)に5分以上浸すことで殺菌する方法です。

 

発泡スチロールの場合は製造過程で100℃以上になる
高温スチーム(蒸気)を当てる工程があります。

 

金型内部は5分程度(形状・倍率よって時間が異なる)
100℃以上の状態が続きますので自然と煮沸消毒に
近い状態になり殺菌されます。

 

なお、殺菌処理するための工程ではなく、発泡スチロールの
製造において必要な工程になっています。

 

そのため、工業用だし殺菌処理の工程なんていらないよ!
工程を短くすれば安くなるよね?と思われるかもしれませんが、
この工程を外すことはできません。ご了承ください。