よくあるご質問FAQ

スキン層について

スキン層について

金型成形された発泡スチロールの表面にはスキン層と呼ばれる膜のような層ができます。
スキン層が形成されることで強度や耐水性が向上します。

スキン層は発泡剤である二酸化炭素(CO2)を飽和まで含浸させた状態から発泡温度以下の状態で放置し、
任意の量だけ表面からガスを放散させた後に発泡させることで生成できます。

なお、熱線や切削機で加工された発泡スチロールの表面にスキン層を生成することは難しく、
強度や耐水性を向上させるためにはコーティング剤を塗布するなどの方法となります。

一部文章引用:発泡成形【(株)情報機構より2008年発行】