よくあるご質問FAQ

発泡スチロールは環境ホルモンを発生させることがありますか?

発生しません
環境ホルモンとは「内分泌攪乱物質」の通称です。 つまり内分泌撹乱作用がある化学物質のことを指します。 そのため発生させるというよりは、 作用があると疑われる 化学物質が成分に含まれているかどうかです。

1998年に発泡スチロールの主原料であるポリスチレンに含まれる 「スチレンダイマーとスチレントリマー」が環境庁(現環境省)により 疑いのある化学物質としてリストに上げられ、風評被害が広まり、 環境ホルモンを発生させると思われてしまったという歴史があります。
⇒関連各所での調査によって冤罪だと分かり、 2000年11月になってリストから削除されました。