よくあるご質問FAQ

発泡スチロールはなぜ高い断熱性能があるの?

発泡スチロールはその構造により高い断熱性能が得られています。
熱は「伝導」「対流」「放射」によって伝わります。断熱はそれらによる熱移動を防ぐことを言います。

「伝導」に対して、個体・液体・気体などを通して熱が伝わる現象で、 熱伝導性は個体→液体→気体の順に低くなります。発泡スチロールは全体の約98%が空気(気体)で構成されており、 この空気(気体)によって熱伝導性を低くすることができて 断熱効果を高めています。

「対流」に対して、温度のちがいによって水や空気が動いて熱が 伝わる現象で、空気の場合は空間が小さいほど対流が起きにくくなります。発泡スチロールは極めて小さく区切られた空気の部屋で構成されており、 これを独立気泡体と言います。これにより対流が抑えられて断熱効果を高めています。

「放射」に対して、輻射とされる場合もありますが、電磁波の一種によって 熱を伝える現象です。太陽光などがそうです。住宅用の断熱材だと壁が放射熱を受けて遮っていますが、 箱などの場合には、色が白いことで多少なり放射熱を反射して断熱効果を 高めていると言えます。
白と黒だと黒い方が暑くなりますよね。

この様に、発泡スチロールは様々な要因によって断熱性能が高くなっています。